・前の相談はこちら
・次の相談はこちら
・僕がよくない意味でハマったリスニング教材はこちら
・僕がリスニング劣等生から復活した学習法はこちら
・世の中、ムシのいいリスニング学習なんてないんだな、と悟った経験はこちら
海外ドラマ、映画に手を出すのは要注意

今回はリスニングシリーズ第〇弾!

第何弾か忘れるくらい続いてますね。
それだけ、みんなが敬遠し、苦手であるべくして苦手になっているのでしょう。

ではいってみましょう。

【質問】
リスニングが苦手。リスニングの特訓をするためにシャドーイングをやろうと考えているが、シャドーイングはリスニングに効果はあるのか。

【回答】
まずはじめに、基礎知識を。

シャドーイングとは、流れてくる英語の音声を追いかけて、スクリプトなしに発音する学習法です。

その上で回答します。

結論として、別に効果はないのでやめたほうがいいです。

リスニングをするならリスニングを頑張るべきです。

シャドーイングのディメリットについて説明しておきます。

口を動かす分アタマが働かなくなる

英語を聞き取るとは、耳で拾った音をアタマで理解するプロセスです。

しかし、シャドーイングを少しでもやるとアタマが死んでしまいます。

音を追いかけて口を動かすだけで精一杯になり、アタマが動かなくなるのです。

ちなみに、駐在で英語を使う場面を振り返っても、

「ああ、俺シャドーイングやっとけばよかった…」

なんて場面は一回もなかったですね。

別にリアルタイムで相手の英語を追いかけて口を動かすことなんかないし。

意味が分からない単語でも発音できてしまう

もう一つが、知らない単語も後追いで発音できるため、モラルハザードにつながりやすいです。

例えば、前に紹介した、あの難単語exacerbate君

通常の英語学習で出会うことのない単語ですが、スペルも意味も分からなくても、

「イ(エ)グザサーベイト」

と後追いで発音できてしまうのです。

このように、意味を知らない単語に出くわしても、シャドーイング的には成功です。

かくして、「シャドーイングできたからいいや」とスクリプトの理解を放り出してしまうのです。

これでは、リスニングには何のプラスにもなりません。

楽して勉強したい人は、必ずこの罠にはまります。

これって、英語の聞き流しと同じですよね?

地道にリスニングをやることこそ王道

では、どうすればよいか。

何回かの記事で地道な勉強法を紹介していますが、スクリプトを味わいながら1度解いた問題を何度も聴き込めばよいです。

解くのは、1日1、2問だっていいです。

余裕があればディクテーション

なお、それでも、もっと頑張りたい人もいるかもしれません。

そんな余裕のある人は、人は、ディクテーションをやりましょう。

その際、注意してほしいのは、次の2点です。

・スクリプトを見て、今の自分にできそうなものをやる
・スクリプトが長いものをやらない

理由は、挫折するから(苦笑)。

大学受験生ならセンター過去問、TOEIC受験生なら、基礎レベルの問題集でやってみるとよいでしょう。

これも、1日1,2問でOKです。

書き取ることが目的化して、スクリプトの確認をないがしろにすることは避けましょう。

・僕がリスニング劣等生から復活した学習法はこちら
・前の相談はこちら
・次の相談はこちら
・私がよくない意味でハマったリスニング教材はこちら
・世の中、ムシのいいリスニング学習なんてないんだな、と悟った経験はこちら
海外ドラマ、映画に手を出すのは要注意