・前の相談はこちら
・次の相談はこちら
・僕が苦手なリスニングを克服した“ある学習法”はこちら
・リスニング初心者がたどる道はこちら

リスニングと聞いて、
・シャドーイングに逃げたい方はこちら
・スピーキングに逃げたい方はこちら
・基礎をしっかり固めたい方はこちら

苦手に向き合わないで楽しようとすると遠回りになるでござるの巻

【質問】
リスニングが苦手で、何とかしたいと考えている。
対策として、Youtubeの英語のコンテンツを聴くようにしているが、毎日続けても言っていることがさっぱり分からない。
このまま続けて大丈夫か。

【回答】

大丈夫じゃねーよ

結論から言うと、その勉強、間違ってます。

自分のレベルを超越していて、さっぱり理解できないコンテンツをいくら聞き続けても、学習効果は期待できないという研究結果が出ています。

これは、以前の記事に書いたとおりです。

聴くなら、自分のレベルに合ったものを繰り返し聴きましょう。

これは無理なことではありません。あなたにはアドバンテージがあります。

あなたは、日ごろの英語学習を通じて、

読めば分かる

英語表現のストックをアタマに膨大に蓄えています。

このストックを音で刺激してやることによって、

聴いても分かる

知識に変えてやればよいです。

ファーストステップ

では、第一歩として、何をすればよいか。

自分のレベルに近いコンテンツを、と書きましたが、基礎レベルの簡単な問題集を解けばよいです。

なぜ、問題集を押すかというと、単に、時間が短くて集中力が続くからです。

最初は、英語が耳に入ってくるだけでビビるし、音から意味を拾うまでにタイムラグがありますが、すぐ慣れてきます。

スクリプトはしっかり読んで聞き取れなかった単語、分からなかった単語はしっかり調べます。

また、1度聞き取れた問題は何度でも聞き込みます。

こうして、「聴いても分かる」表現のすそ野を広げていくのです。

問題集1冊聞き込むだけでも全然変わってきますよ。

なぜ、歪んだ勉強に走るのか

僕の言っていることはごく当たり前なのですが、あなたはなぜ道を踏み外してしまうのでしょうか?

一つ目の理由は、聞き流し信仰です。

古くは家出のドリッピーから始まり、私もこんな教材に引っかかりました

要は、楽して力がつけたい、というムシのいい考え方をしてしまうのです。

二つ目の理由は、『読書百遍意自ずから通ず』が、リスニングにも当てはまると勘違いしてしまうことです。

あなたは、表意文字である漢字のプロです。

漢字を見れば、意味をvisualizeしてイメージできます。

すこし複雑な表現を見ても、自分が理解できる漢字を手掛かりに意味を推測することができます。

しかし、あなたが取り組んでいるのは、表音文字である英語です。文字は音をあらわしているだけです。

しかも、リスニングなので、何度も目で確かめることはできません。

だから、さっぱり分からんコンテンツを何回聞いたって、さっぱり分からないままなのです。

その具体例が、こちらのレビュー記事

こちらの別の方の口コミを見れば、何が問題か一目瞭然ですね。

・耳にタコが出来るほど聞いて、たとえ英語として聴きとれるようになったとしても、わからない単語やイディオムは結局わからないままです。
・よって、毎日毎日ひと月以上も聴いたにもかかわらず、いまだに私はこの会話の全趣旨はわからないままです

英語学習に近道なし

ということで、まとめます。

英語の場合、リスニングをはじめ、楽してトクしようとしてドツボにはまります。

しかし、王道がなにげに近道だったりします。

王道を進めば、ゴールは目の前です。

最初は辛いですが、苦手にしっかり向き合おうぜ。

・前の相談はこちら
・次の相談はこちら
・僕が苦手なリスニングを克服した“ある学習法”はこちら
・リスニング初心者がたどる道はこちら
・英会話も王道を歩みたい方はこちら
・ライティングの王道はこちら