招集命令は突然に

あれは、5年前の11月のことでした。
淡々と職場で仕事をこなしていると、人事担当に呼び出されました。

何で俺が?別に悪いことしてないけど。。。

小さな会議室の机越しに向かい合い、お互いにソファーに座り込むと、担当から、いきなり次の一言がありました。

人事:Kan君、来年、〇〇(東南アジア某国)に行ってもらうから。期間は、3年間。

処分でも何でもなかっことたのにほっとするのと同時に、びびりました。

俺:オファーありがとうございます。でも、俺英語できないですよ。行っても貢献できない気が。。。

人事:みんなそう言うけど、何とかなるって。俺なんかいきなりアメリカだよ。

俺:でも、△さん(人事)はアメリカに留学しているから。。。

人事:留学の英語と仕事の英語って全然違うぞ。仕事の英語なんかやってりゃあ身につくって。

俺:でも・・・・。

人事:まあ、突然のお知らせでびっくりしてしまったと思うから、ちょっと考えてみて。

職場に戻り、物思いにふけりました。

国内で何年か激務が続いてて、気分転換に海外を希望し続けていたのは確かなんだよなあ。希望が受け入れられてよかったじゃん。

海外だと、確かに国内みたいに削られなさそうだけど、俺が英語できないっつうのが致命傷なんだよなあ。

ささいな業務が回せなくて、支店の業務が回らなくて、上司や同僚の信頼を損ねて途中帰国なんかしたら…

一旦は断る

思いは日に日にネガティブになっていき、1週間悩んだ末に、再び人事担当と面談しました。

僕:△さん、よく考えたのですが、やっぱり国内業務をしっかり勉強します。しっかり仕事ができるようになってから海外を考えます。今の僕が行ったって、現地の足を引っ張るだけだと思います。

ここで、僕の顔色を伺っていた人事から、内臓をえぐるような強烈なボディーブローが飛び出します。

人事:ふぅーん、お前、要するに英語が怖いんだろ(ニヤリ)!

僕:ぐぬぬ…。

人事:お前の気持ちも分からなくはないけど、できることばっかりやってるってつまんなくね?

僕:ギギギ…。

人事:お前は、自分が英語ができないと思っているが、かりにそうだとして、今回の海外話を断るとだ。お前は一生英語ができないで終わっちまうよ。お前の社会人人生それで楽しいか?

僕:た、確かに…。

人事:だったら、チャレンジしてみようぜ。英語が使えると、可能性広がるぞ。今俺が何言っても分かってくれないと思うけど、国内で普通に仕事できてりゃ、大丈夫だって。

僕:そ、そうかもしれないですね。

人事:じゃあ、どうする?

3分の沈黙の後、僕は重い口を開きました。

僕:じゃあ、行きます。行かせてください。

運命の歯車が回り始めました。

英会話の勉強ができない!

時はすでに12月。出国まで半年しかありません。

さあ、英語の勉強だ!

しかし、運命の歯車は廻り出したかもしれませんが、職場の歯車は絶賛逆回転中でした。

当時は職場のナンバー2。もろに中間管理職でした。

ナンバー1の課長があばれる君で、部下を詰め倒して職場の業務を止めまくり、職場のみならず周りの利害関係者に迷惑をかけながら、大混乱が続いていました。

年明けになって職場の英会話レッスンに出ていましたが、早速部下から待ったがかかります。

部下:Kanさん、もっと空気読んでくださいよ。みんなが大変なのにナンバー2が抜けるってやばくないっすか?

混乱が大きなトラブルに波及する中、レッスンは断念。

悲しい調整業務による深夜残業の日々が始まりました。

職場の研修を受けられなくなった僕の一縷の望みは、当時はやり始めたオンライン英会話でした。

しかし、平日夜はもちろんアウト、深夜帰りで疲れるため、早朝レッスンも無理。

土日はストレス解消のための飲みに費していたため、オンライン英会話の授業料は寄付金として消えていきました。

英語ができないまま海外に旅立つ

そうこうするうちに、4月になってしまいました。

出発まで、あと2か月。

ここまでくると、準備するだけで大変になります。

前任からの情報収集であったり、引っ越しの準備であったり、各種予防接種(東南アジアあるある)であったり、虫歯の治療であったり。

そんな僕がすがりついたのは、何だったのでしょうか。

そう、あの速読英単語。プライドは高かったので、上級編(笑)

大嵐吹き荒れる職場で、ばれない様にパラパラめくって速読にトライ。

でも、文章と単語が難しすぎて1日1、2本しか文章が読めないのが人情。

かくして、6月某日。

英語を話すこととは程遠い状態で、某国に旅立ちました。

遠ざかる成田空港を見下ろしながら、不安で目に涙が溜まってしまったのはいうまでもありません。

【参考】
・僕が駐在のオファーにびびりまくっていた原因はこちら

お問い合せ
ペンネーム可能です。