前回の質問はこちら
がっつり意見を話すオンライン英会話スクールはこちら
聞き流しに逃げても現実は変わらない話はこちら
音読・シャドーイングにも意味がないという話はこちら
海外で求められるのはこういう英語

英語を話す自由人KANです。

今回は、大学受験生や、TOEICマニアなど、インプット頭でっかちな方が陥りやすい罠についてお話しします。

【質問】
英語が得意な高校生。
リーディング、リスニング中心に勉強してきたが、スピーキングを鍛えようとオンライン英会話を始める。
簡単な挨拶、自己紹介はできるが、自分の意見を話す質問が苦手。
先生に聞かれた途端カタコトになり、思いつく単語をいくつかくっつけて話すだけで終わってしまう。
どうすればいいか。

【回答】

日本語でできないことは英語でもできない

あるあるトピックで考えてみましょう。

次の問題のうち1つを選び、あなたの意見を日本語一言で答えて下さい。

持ち時間は1分です。

①ラグビーワールドカップで日本が決勝まで行けた理由。
②某お笑い芸人が長年税金を払わなかった件。
③桜を見る会が炎上した件。

・・・・・
・・・・・
・・・・・

さて、時間です。

①は、自分なりの答えを考える質問
②③は、いい/悪いの判断+理由を説明する質問

を意図していますが、日本語でも短時間で即答するのはきついと思います。

僕だって無理です。

なぜなら、僕やあなたを含め、日本人は自分の意見をまとめる/述べるトレーニングを積んできていないからです。

日本語でもできないことを英語できるはずがありません。

これは、英語の表現を知っているか、知らないかの問題ではありません。

また、あなたの頭がいい/悪いという問題でもありません。

イイタイコトを明確にする経験が足りない

これがあなたの悩みの本質です。

オンライン英会話をどう活用するか

では、どうすればいいかを具体的にお話ししましょう。

フリートークはやめる

まず、フリートークのレッスンはやめましょう。

いつどこから質問の矢が飛んで来るか分からないからです。

よく分からない質問にカタコトで答えたって、あなたのスピーキング力=イイタイコトを英語でひねり出す力は全く伸びません。

先生から見ても、イイタイコトが分からないので、英語表現を解説・修正しようがありません。

あなたから見ても、フレーズを組み立てないで話すクセがつくので、よい影響はありません。

フリートーク=たくさん話せる

と勘違いしがちですが、初心者が下手に手を出すと、最も話せない・最も伸びない・最も自信を失うレッスンになります。

具体的なテーマ、設問のあるテキストを選ぶ

では、どんなレッスンを受ければよいか。

スクールのテキストを実際にチェックして、あなたの意見を求める設問のあるレッスンを選んでください。

リーディングばっかりで正誤問題、文法選択問題しかないようなものは不要です。

上級であれば、ディスカッションのテーマが具体的に設定されているものです。

これらの設問・テーマについて、事前にしっかり予習しておき、レッスンで準備したフレーズを先生にぶつければよいのです。

まずは日本語から考える

次に、予習の方法についてお話しします。

英語脳が大事!

とばかりにいきなり英語で考える必要は全くありません。

日本語だったらどう答えるか

を意識して、まずは日本語で考えてみて下さい。

そして、日本語で書き出した答えを、英語に置き換えて下さい。

留意点ですが、日本語で答えを書き出す際に、夏休みの日記のようにだらだらと書くと英語に置き換えられません。

・結論を最初に言う。
・理由を2、3書き出す

ことを意識して下さい。

最初はきついですが、段々と思考がシンプルかつ研ぎ澄まされてきて、イイタイコトがパッと浮かび上がるようになります。

慣れるといきなり英語が出てくるようになる

こう書くと、

そんなことをやってたらいつまでたっても英語で考えて英語で話せるようにならない

と不安になるかもしれませんが、心配ご無用。

日本語で答えを整理⇒英語に倒す

この作業を繰り返すうちに、直接英語を書き出しながらフレーズを推敲できるようになります。

また、簡単な質問なら、アドリブでもとっさにフレーズを繰り出すことができるようになります。

なお、僕は英語へなちょこ状態で駐在しましたが、この段階に達するのに1か月もかかっていません。

その間、死ぬほど英語を勉強をしたわけでもなく、ノートの上でちょこちょこ思考の脳トレをしただけです。

まとめ:急がば準備せよ

ということで、まとめます。

あなたが英語で意見を言えないのは、そもそも日本語の段階でイイタイコトを明確にできないからです。

それは、アタマの良し悪しではなく、ただのトレーニングの問題です。

まずは、予習をしてしっかり話すべき意見=フレーズを準備しておきましょう。

2,30問答えてみるだけで見えてくる世界が違ってきますよ。

あなたのような若者が増えてくれば日本人がもっと世界で輝けると信じています。

GOOD LUCK!!

前回の質問はこちら
がっつり意見を話すオンライン英会話スクールはこちら
聞き流しに逃げても現実は変わらない話はこちら
音読・シャドーイングにも意味がないという話はこちら
海外で求められるのはこういう英語