おすすめオンラインビジネス英会話スクールはこちら
発音が下手くそでも駐在生活を楽しめる秘訣はこちら
音読、シャドーイングの英会話に対する効果はこちら
音読のリスニングに対する効果はこちら
おバカ学習の末路はこちら
アウトプット中心の勉強の大切さはこちら
5行エッセイの実践例はこちら

英語を話す自由人@Kanです。

とにかく英語を話せるようになりたい!

そんな方が真っ先に飛びつきそうなのが、オンライン英会話のフリートークです。

英会話は実践が大事!

とりあえずネイティブと話せば話せるようになるっしょ!

これも一理ありますし、気持ちもよくわかります。

しかし、特に初心者の場合、劇薬的な効果を期待してうっかり飛びついたところで、期待した効果が得られない可能性が大きいです。

そこで今回は、初心者がオンライン英会話を使う場合の注意点についてお話します。

実は難しいフリートーク英会話

いきなり結論からお話すると、フリートークはやめておくべきです。

英語は、状況が具体的に特定されると、何を話すべきかが明確になる

と、家探しの話で申し上げましたが、フリートークの場合、この真逆になります。

つまり、

英語は、状況が具体的に特定されないと、何を話していいのか分からなくなる

となってしまうのです。

生徒からすると、先生のパンチがどこから飛んでくるかわからないので、何を話していいのかよくわかりません。

また、後述するように、初心者時代はとかく英語を話す引き出しが少ないので、なかなか話そうにも話せない傾向が強いです。

先生からしても大変です。

うまく話を盛り上げたくて、探りを入れてはみるんだけど、なかなか生徒のツボが分からないので、掘り下げられません。

しょうがないので自分の話をしてはみるのですが、初心者なだけに反応がないので、ちゃんと聞いてくれてるかどうかもわからず、不安になってしまいます。

かくして、初心者であればあるほど空回りしてしまい、「充実した授業」からほど遠い状況になってしまうのです。

日本語でできないことは、英語でもできない

さらに、初心者の場合、次の法則が厳しく働きます。

・英語で表現できる範囲は、日本語で表現できる範囲内に限定される
・英語で表現できる範囲は、英語で表現しようがんばった経験の範囲内に限定される

言葉だけだとイメージしにくいので、図にしてみます。

1点目について、C言語やpythonなどのプログラム言語とは異なり、英語というツールを手に入れたからといって、新しい自分に出会うとか、新しい自分を表現できる、なんてことはありません。

結局は、自分が生きてきた日本語の世界の範囲内でしか表現できない、という当たり前の話です。

2点目は、英語については、英語を自力でひねり出した範囲でしか表現できない、というお話です。英語の「けもの道」を切り開いて道にしていくのは結局自分でしかない、という人生の真理です。

この点について、初心者の場合、英語で表現できる範囲が極端に狭いため、「話したいことが山ほどあるのに話せない」というもどかしい事態に陥ってしまいます。

これは、100%自分の経験が足りないせいなのですが、そういう人ほど先生のせいにします。

ネットの書き込みを見ると、オンライン英会話について文句ばっかり言っているのが初心者に偏っているのは、これが原因です。

具体的なトピックに即して勉強する

では、どうすればいいか。

オンライン英会話がすべてダメだと言っているわけではありません。

具体的なトピックに応じて英語をひねり出す訓練を積めるレッスンを選択すればよいのです。

選択のポイントですが、

まず、テキストに目を通して、宿題がきちんとあるのか確認してください。穴埋めとか、〇×問題だけというのは避けて下さい。

例えば、こんなイメージです。設問は、日本語/英語どちらでも結構です。

「あなたの仕事について話してください」
「あなたの同僚について話してください」
「あなたは、仕事のあとにどんな気分転換をしていますか?」

次に、宿題を事前にきちんと考え、答えを英語でノートに書き出してから授業に臨むようにして下さい。

レッスンのその場でなんとかしようとすると、上記の法則2点目がさく裂し、むにゃむにゃしゃべってお茶を濁し、むにゃむにゃレベルを継続することになります。

宿題の答えですが、時にググったりして調べながら、具体的に、箇条書きで書き出すようにしましょう。

具体的に書き出そうとすればするほど、いろいろな表現を試すことができるので、「英語で話せる範囲」が広がっていきます。

多すぎても構いません。内容を多少「盛って」しまってもかまいません。わざわざお金払ってるんだから、そんなこと気にする必要はないです。

例えば、上司について説明する場合でも、次のように悪あがきできます(適当に書いてるのでマネしないで!)。慣れないうちは、まず日本語から書き出して英語にするとよいでしょう。

I’m going to talk about my immediate boss(supervisor).

He is a deputy director.

He is very strict with work.

But he is a good friend outside workplace.

He often take me and my colleagues out for drinking.

He always kindly gives us advice how to improve work.

We all respect him.

レッスン時には、ノートちら見で話したって全然かまいません。慣れると、ノートに書いたことが頭に入っていて、ノートなんか見なくても、さりげなくしゃべることができます。

自分の答えをしゃべったら、先生のことも質問するようにして下さい。How about you?くらいに言えばOKです。

自分の答えを事前にしっかり考えておくと、なぜか相手のことが知りたくなりますし、英語の「けもの道」を切り開いた分、相手の言うことがスッと耳と頭に入ってきます。

あとは、できれば、自分の答えを先生にスカイプなどで先生に送り、添削してもらいましょう。

なお、無理して難しいクラスにトライする必要はありません。

・環境問題について意見を述べよ
・少子高齢化社会における社会保障制度のあり方について意k(略)・・・

などといった設問がいまにも目に浮かんでくるようですが、ビジネスの世界は、具体的なテーマについて具体的な答えを出すのが仕事です。

こんな抽象的な問題について議論する必要なんかありません。私自身、駐在期間中にこんなこと聞かれたことありません。

もちろん、難しいレッスンに挑むこと自体は止めませんが、余裕がなければ、同じレッスンをもう1周やって、1周目とは違う回答、質問をしてみることをおすすめします。

まとめ

今回は、初心者がオンライン英会話を利用する場合の注意点についてお話しました。

フリートークは、実は難度が高く、特に、英語の引き出しの少ない初心者が一発逆転を狙って選んでしまうと、ドツボにはまりやすいです。

やはり、基本に忠実に、トピック毎にレッスンが整理されていて、英語で答える宿題が用意されているレッスンを選び、英語をコツコツひねり出しながら、英語の引き出しを増やしていくのが得策です。

ビジネスの現場では、具体的な状況に応じて、具体的な英語をひねり出していくわけですが、これにまさる勉強法はないといえます。

おすすめオンラインビジネス英会話スクールはこちら
発音が下手くそでも駐在生活を楽しめる秘訣はこちら
音読、シャドーイングの英会話に対する効果はこちら
音読のリスニングに対する効果はこちら
おバカ学習の末路はこちら
アウトプット中心の勉強の大切さはこちら
5行エッセイの実践例はこちら

 

英語学習のお悩み、ご質問に何でもお答えします!
ペンネーム可能です。